2021年01月13日

一風堂のバイトの怒り

コロナを理由にシフトを減らされ、

なんの保障もない、とラーメン一風堂のバイトが怒りの会見。

う~~~ん・・・・

残念だが、

それがバイトってものなのさ。

いざとなればあっさり切られ、

保障もない。


たぶん、君に限らず日本全国山ほどいると思うよ。

そういう目にあってる人は。


そこで怒りを「今いる会社」にぶつけても、たいして収穫はない。

その憤怒を胸に、起業するしかない。


「雇われる」ということは、

社長の奴隷であり、

社長の自由にされて当たり前なのだ。


じゃあ聞こう。

もしこれで、会社が折れて少しはお金をくれたとしよう。


それで満足か?


「君の代わりならいくらでいるよ」というポジションに戻って何がある?


この先、何十年とそこに居る気?


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/


posted by ヤシオダ ラン at 21:33| 日記 | 更新情報をチェックする