2021年01月06日

バブル崩壊とリストラ

30歳を過ぎたころ、世間はリストラの始まり。

なんと早々にそこにハマった。

ある日突然、上司に呼ばれ「パートになるか、辞めるか」と言われた。

10年も社員としてやってきたのに。

しかもゴルフ場のオープニングスタッフで活躍してきた自負もあった。

そのショックたるや・・・。


私は大泣きした。

支配人は冷酷にも「泣き止んだら教えて」と言いながら部屋を出て行った。


あんなに残酷な場面を味わったのに、

不思議と今は怒りも恨みもない。


ただ、

「ずいぶんヒドイやり方だったよな~~」と。

あの日がなければ、今の私はいない。

こうして

日々、

退職や転職に悩む人と共に歩むこともなかった。


なので、

あの日に感謝なのだ。


バブルはたしかに楽しい日々だった。

それはそれで楽しかったし、

そこから真っ逆さまに落ちたのも、

また人生のスパイスである。


過ぎてみればどれも面白い漫画みたいだ。

オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/










posted by ヤシオダ ラン at 20:49| 日記 | 更新情報をチェックする