2020年08月10日

チャレンジ、変化、前へ前へ

私はしょっちゅう転職してきたので、

身内も友人もたまに会うとこう聞いてくる。

「今はどこにいるの?」


同じ場所にいないのが当たり前になっているのだ。

我ながら笑える。


飽きるから辞めてるのではなく、

もっと何かを探しに行く「冒険」のようなことだ。

ある森の入り口まで、友人2人と出かけたとする。

友人らは中に行くのは恐ろしいからここにいるという。

私だけが森に入り、猛獣に遭遇したり、木の実を食べ、スコールに打たれ、服はボロボロ、

道に迷って迷って、ようやくまた元の場所まで戻って来る。

2人はまだそこにいた。

何年も同じ場所に。

こわい思いもしないが、

発見もない。

そんな人生が楽しいだろうか?


わざわざ冒険など必要ない?

無難が一番。


たいていの人はそれを好む。


それはそれで自由だけど、なんでそんなにつまらない顔してるんだろうね。

大笑いしたのはいつ?

オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/


posted by ヤシオダ ラン at 23:00| 日記 | 更新情報をチェックする