2020年06月22日

私の「ペコペコ癖」

私は転職を繰り返してきたせいか、

初対面の人にペコペコする癖がついてしまった。

最初の仕事を教えてくれる人の大半は威張ってるから、必然的にこっちがそうなる。

そのペコペコする様子が「自信の無さ」にうつり、

ますます評価が下がる。


これは決していいことではない。


仕事などできなくても「できるような顔」して堂々としてたほうがいい。

このペコペコのせいで、

とっくに仕事ができるのに、できないと思われ、

研修期間が延びることもしょっちゅう。


実際、研修期間を終え一人前になってからは実力を誰よりも発揮する。

その「ペコペコ」の本質まで見抜ける人はほとんどいない。

自信がないのは、

仕事の内容ではなく、

お前らの対処方法に苦慮してるだけなのだ。


だって、

いちいち姑みたいに見張ってて、ダメ出しするから。

言われるのがイヤで。

顔色見過ぎなんだろうけど、

キビシイ奴相手じゃそうなるっての。


鬼母のいる子供みたいなもんさ。


自分が相手に「おどおど」させてるって気づいてないよね?


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/










posted by ヤシオダラン at 10:09| 日記 | 更新情報をチェックする