2020年06月06日

社会は学校よりずっと厄介

尾崎豊は、学校を支配的な場所だと歌った。

そこから卒業すれば自由になれるのかと私は思った。

ところが、

社会は学校よりずっとずっと支配的で厄介だった。

学校なら、気の合わない同級生とは話さずとも済む。

同じ成績度合いの友人とつるむなど、友人を選ぶ判断基準もあった。

偏差値70と、偏差値30の二人が話が合うはずもないのだ。

それでも学年が同じだから、そう複雑でもない。


会社では、相手がどの程度の知能を持ってるかわかりづらい。

年齢差も幅広い。

みんな同等って顔して働いているが、

とうぜん、知能の差があるわけで、

話がかみ合わないことも出てくる。

道路でもそうだ。


運動音痴も、老人も運転している。

みんながちゃんと運転してるはず、という前提でいるが、

それはないのである。

だから信用ならない。

あおりもあるし、

ノロノロもあり、

逆走もある。

社会は全員ごちゃまぜ。


目の前のその同僚、

もし学生時代なら絶対に仲良くならないグループの人間だったりする。












posted by ヤシオダラン at 17:45| 日記 | 更新情報をチェックする