2020年06月01日

ゴキブリだらけの寿司屋

以前、バイトした寿司屋。

ゴキブリがものすごい数いて、気持ち悪かった。

お客が食べてる横を歩いたりして。

おっきな黒い奴じゃなくて、赤茶けた小さめのゴキブリ。

お客はみんな酒を飲んでるからよく見えてないのだ。

ゴキブリホイホイはあっちこっちにあっても、まるで無意味。

食べ物も置いてるし、食器もあるし、全部は片付かないからバルサンは焚けないのだろう。

というか、そこまで本気で退治する気がない。

店主も奥さんもアルバイトもみんな見慣れてて手てつぶしたりしてた。

私は気持ち悪くて1週間で辞めた。

以前もブログで書いたが、

これがまさしくコロナと同じ。

全部退治しなければ、次々に子供を生んでまた増える。

でも、店を休んでまで退治して消毒してなんてやってるとそれだけ収入が減る。

完全に駆除するまで待てない。

ま、いっか、

死ぬわけじゃないし。

ってこと。

客もいろいろ。

ゴキブリの1匹や2匹、平気っていう鈍感な人。

目の前にゴキブリがいるのに酔って見えてない人。

1度見かけたらもう二度と来店しない人。

店主の衛生管理に不信感を持つ人。

酒が飲めりゃどこでもいい人。


じつにさまざま。

最後の1匹を駆除するまで、

第何波だろうと来るっての。

あ、そのお寿司、

ゴキブリがさっき歩いてましたよ。


知らぬが何とか。









posted by ヤシオダラン at 11:56| 日記 | 更新情報をチェックする