2021年03月04日

支配からの卒業・・・のはずが

尾崎豊の曲に、

学校を卒業することへの思いを「この支配からの卒業」と切なく歌われているが。

実は、

哀しいかな、

学校の「支配」なんてもんは

会社の「支配」に比べたらナマッちょろいものである。

もちろん、

学校はカンタンに転校できないし、

会社は好きに転職できる。

それでも、

自分で起業しない限りはどこへ行っても会社の「支配下」である。

卒業式で何よりも泣けるのは、

資本主義の渦に巻き込まれていく

若き青年たちの行く末。



posted by ヤシオダ ラン at 22:25| 日記 | 更新情報をチェックする