2021年01月24日

私が目指した「プロゴルファーの帯同キャディ」

私はキャディ歴が12~3年ある。

20歳の時にあるレッスンプロに「プロゴルファーを目指してみたら?」と勧められた。

が、当時はまだ「木のクラブ」で、ある程度の体格がないと厳しかった。

私は158センチ。

最低でも165センチはないと・・・・という時代。

女子プロを目指すのは断念したが、ゴルフの世界に魅了され、プロの帯同キャディになりたいと思った。

私の勤務するゴルフ場で何度かトーナメントもあり、

森口裕子プロや、陳清波プロなど有名プロにつく機会もあり、

10数人のプロのキャディを経験した。

自信もつき、ついに「ジャンボ尾崎」に履歴書を送り「私にキャディをやらせてください」と嘆願したこともある。


返事は来なかったが、

そのくらい真剣だったのだ。

プロの試合で共に戦う醍醐味は1度味わったらやめられない。


なので、

実のところ、一般素人のキャディをやるのはあまり気が進まなかった。


いくらアドバイスしても、その通り打ってくれないしね(笑)

そのわりに威張ってるし。


もう二度とやりたくない仕事だ。


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/




posted by ヤシオダ ラン at 21:41| 日記 | 更新情報をチェックする

「クソどうでもいい仕事」とは??

先日も書いたが「クソどうでもいい仕事」について。

アナタの仕事は「クソどうでもいい」仕事だと思うか?


クソどうでもいい仕事とはどんな仕事か?

「誰にでもできる仕事」

「自分でなくてもいい仕事」

「なんなら子供にもできるような仕事」


私もこれまでクソな仕事は山ほどしてきた。

なぜなら「ラク」だからだ。


子供にもできないような仕事は多少給料が高い。

その分、頭も体も使うからラクではない。


なぜラクな仕事を選んだかというと、

本当にやりたいことに力を注ぎたかったから。


生活維持のための仕方なくやる仕事は極力「ラク」である必要があった。

そうでないとそこでヘトヘトになってしまって、

人生のミッションを見失ってしまうから。


私はそういう理由で「クソ仕事」をこなしてきたが、


もし、何の夢も希望もなく

「クソ仕事」に従事し、そのまま息絶えていくとしたら地獄としかいいようがない。

家族のため?

それで家族は喜ぶだろうか?


しかも、

その姿を見せることは果たして子供のためになるだろうか?


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/





posted by ヤシオダ ラン at 10:07| 日記 | 更新情報をチェックする