2021年01月15日

早起き派の人

またまた早起きの話になるが、

これは仕事を選ぶうえで重要なので。


私はある友人に「休日は何時に起きる?」と聞いた時、

その人は「遅くても8時には起きる」と言っていた。


それ以上は寝ていられないのだそうだ。


ある60代女性は、朝4時には目が覚めてしまうという。

そういったタイプの人たちは、朝早く起きることなど苦ではない。


私には早起きは地獄だ。

大好きなゴルフもスキーもそれがネックで一時やめてしまった。


仕事ならば昼からの出勤、とかが有難い。

以前、夜の世界に身を置いていたときは余裕だった。


夜中に帰宅し、3時ぐらいに寝て、昼間に起きる。

目覚まし時計無しでOKの暮らし。


早起きした上に満員電車に乗るなんて考えただけでも恐ろしい。


それを20歳から定年までやれば、毎年年収1億出す、と言われても絶対にやらない。


お金より自分の日々の生活の快適さが大事じゃないか。














posted by ヤシオダ ラン at 16:14| 日記 | 更新情報をチェックする

ケチは感染する

親がケチだと子供もケチ臭くなる。

しみ付いてしまうのだ。

私の親はお金がないくせに太っ腹で細かいことは気にしない。

(だから貯まらなかったんだろうけど(笑))

なので、

ケチなことを言われると拒否反応が出てしまう。


ある職場でどケチな女性(50代)な同僚がいた。


備品は100均ばかり。

安物だからすぐ壊れて結局買いなおすはめになる。


安物買いの銭失いの典型。

いらない段ボールとかも捨てずに貯め込むから社内はゴチャゴチャ。


もちろん、そのスタイルをこっちにも押し付ける。


反発してるつもりが、

ふと気が付くと、いつしか私も同じような行動を取るようになってしまった。


それは「そうしたい」からではなく


彼女にガミガミ言われたくないからやるようになったのだ。


ケチがうつってしまったのだ。


これはそうとう心しておかないと完全に魂を乗っ取られる。


やだよね~~、ケチって。

本当に嫌い。


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/






posted by ヤシオダ ラン at 12:44| 日記 | 更新情報をチェックする

自殺未遂をくりかえす課長

ある大手企業の50代の課長。

1年に数回、自殺未遂をしている。

睡眠薬の多量服用。

私はそれを心配し、力になりたいと思ったが、

ダメだった。


自殺志願者に心を開け、というのはムリな話なのだ。

それができるくらいなら自殺などしないのだ。


自分の頭だけで悶々とし、自分だけで結論を出す。

誰にも介入してほしくない状況に陥ってる。


そのドアを開けるのは至難の業だ。

この課長、

本気で死ぬ気はないのだろう。

いつも微妙な量を服用し、救急搬送されては生還する。


病院も家族も同僚も

もう誰も心配しなくなった。


またやったのか・・・程度。


何かそれも悲しいよね。





posted by ヤシオダ ラン at 12:30| 日記 | 更新情報をチェックする

あなたは朝寝坊派ですか?

早起きできる人は「デキる奴」と思われる。

朝寝坊はダメ人間。

果たしてそうだろうか?


「しょぼい起業で生きていく」の著者えらてんさんは「朝起きるのが苦手」ということが発端となり起業した。

そして大成功をおさめている。

朝が弱い人は、たいてい夜が強い。

夜ならいくらでも起きていられる。

早起きの人は夜8時には眠くなる。

両者くらべると活動時間はそれほど変わらない。


あなたは休日何時に起きますか?

「仕事」という制約がなければ何時に起きたいですか?


その時間こそが「あなたの本当の理想的な起床時間」だ。


無理して起きているのだとしたら、

それはそうとうなストレスだ。


体が慣れる?

飼い慣らされただけでしょ。

オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/







posted by ヤシオダ ラン at 11:33| 日記 | 更新情報をチェックする