2021年01月10日

「カラダで奉仕」する時代は終わった

今はもうカラダで企業に奉仕する時代は終わったのだ。

才能、経験、発想で勝負。

これらを磨いてないと、いずれ痛い目にあう。


65歳で定年になり、カラダで奉仕してきた期限が切れる。

さあ、どうなる?

もらえる年金は月5万円。

多くても10万。

これじゃ生活保護貰ったほうが断然おトク。

これっておかしいよね。

せっせと年金を納めてきた人が、納めていない人より苦しい生活になる。


どっちにしても貧しさ極まりない。


これが待ち受けてるというのに、

誰も実感としてない。

何とかなる・・・・と思ってる。


ならんよ。


貯金も退職金もないのに。


健康で持ち家のある人は生活保護費を貰えないから、バイトすることになる。


慣れない惨めなバイトさ。

それをカラダを壊すまでやるしかない。


こうならないためにはどうするか?


一刻も早く「自分で食べていけるすべ」を見つけることだ。


会社にカラダで奉仕し過ぎると、

もう自力では立てなくなってしまう。


あなたが生まれ持った才能を発掘しておこう。


それで食べていけるように。

これは夢や希望の話ではない。


現実問題、

老後の貧困回避のリアルな話。

オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/










posted by ヤシオダ ラン at 14:38| 日記 | 更新情報をチェックする