2020年10月10日

「自分と向き合うこと」がいちばん重労働

ある本によると、

人間にとって「自分の人生」について考えることは最も過酷で重労働なのだと。


カンタンなようで、実はそうかもしれない。


サラッと考えることはできても、深く探求するのは難しい。

どこかで「考えたくない」という意識が働いてしまう気がする。

その意識が強すぎると

アルコール依存症とかになるのかもしれない。

そこから「逃げたい」のだ。


ではなぜ、逃げたいのか?

深く掘り下げていくと、

このままの状態を変える必要が出てくるからだ。


慣れ親しんだ今の状態を変える。


これがイヤなのだ。


この壁を越えた人にしか「最高の未来」は来ない。


いつまでも逃げた結果、

どうなるか?


周りをみれば、わかるよね。







posted by ヤシオダ ラン at 12:28| 日記 | 更新情報をチェックする