2020年10月25日

ただの「駒」でいたくない

親がサラリーマンだと、

会社に入って給料をもらう、というのが当たり前という認識しかない。

というか、それしか方法がないと思う。

それはいわば、

「誰かの駒」になるということだ。

社長の駒。

社長の気が向くまま、動かされる。

なんなら捨てられる。

駒に自由意志はない。


そんな日々に

疑問も持たず生きていけるのって、

洗脳でしかない。


生活を維持するためには、

駒のまま我慢をするしかないのか?


違う。


他の選択肢を知らないだけだ。

もし、

学校で

いろんな「食べていく方法」を教えてくれていたら・・・。


でも教えてくれないから、

自分で探すしかないんだ。


たいていは探しもせず、

そのままあの世まで逝くんだ。







posted by ヤシオダ ラン at 13:31| 日記 | 更新情報をチェックする