2020年09月05日

晴美さん、試験を前に断念したい衝動にかられる

宅建試験にチャレンジする晴美さん。

本番まであと1ヵ月しかないというのに、

モチベーション上がらず「いっそ試験をやめようか」と何度も言い出す始末。


受かる自信がないという。

私もそう思う。


でも人というのは複雑なもので「じゃあ、やめとけば」といえば、それはそれで不満なのだ。

やめたいけど、

「頑張ってみなよ、ダメでもいいじゃん」と言って欲しいのだ。


65歳。

受かったところで、第2の人生がどこまで開けるのか疑問だ。

彼氏の仕事を手伝うという話だが、

彼氏ももう78歳。


いつまで生きててくれるやら。


ちなみに彼には本妻がいるから、彼が死んだら仕事も終わり。

なんだかな~。










posted by ヤシオダ ラン at 22:58| 日記 | 更新情報をチェックする

居場所の取り合い

100回以上も転職してくると、

いろんな人がいたものだ。

転職した先に、別の職場で一緒だった同僚とで出くわすこともあった。

昔のことは意外と誰も覚えていないものだ。

よほど因縁の相手でない限り、

過去はぜんぶ帳消しになっている。

当時は仲が悪くても、

職場が変わるとそれもチャラ。


人はなぜか「自分の居場所」を守りたがる。

その意識が強すぎる人は新人を嫌う。

仕事ができる人間も入ってきてほしくない。


そして、はじき出そうとする。


はじき出しに成功すれば気が済む。

あんなにイジメてきた人が、

辞めた後に会うと優しかったりする。


自分に自信がない証拠なんだよね。


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/








posted by ヤシオダ ラン at 16:50| 日記 | 更新情報をチェックする

スーパーのカゴ持って帰っちゃう人

スーパーのカゴを持って帰っちゃう人がいるのは薄々気が付いていた。

車のトランクを開けた際や、家の庭とかに○○スーパーと書かれたカゴが置いてあるのを見かけるからだ。


レジ袋廃止でその度合いが増してるという。

袋廃止前でも、小さなスーパーで年間200個も無くなるんだそうだ。

大型スーパーならいったいどれだけ無くなるんだろうか。

そこまでとは知らなかった。

日本人てもう少し常識的だと思ってたが、

ダメだね~。

どうせまた持ってきてそれで買い物するんだからいいじゃん、て思ってるのかもしれないが、

それは万引きと一緒だ。

というか、

再びカゴを持ってきてる人など見たことないから、

やっぱ家で物入れに使ってるんだろう。


セコイね~。




posted by ヤシオダ ラン at 11:12| 日記 | 更新情報をチェックする

カネ出さぬならゴミ捨てさせぬ

私は地域の自治会に加入していない。

加入するときにまず5万円。

年会費が1万ほどかかる。

それを払うのもイヤなのだが、何よりも行事が多いのがイヤなのだ。

定期的にまわってくる班長とか、そういう役職も面倒くさい。

一生その土地に住むならあきらめるが、いつ引っ越すかわからないのに。

以前、結婚してマイホームを買った土地では仕方なく加入した。


その時も同じ金額。

それを払わなければゴミを捨てさせない、というのだ。


今回の地区も同じく。

捨てさせてはくれない。


なので、

元夫の住む地区まで捨てに行っている。

車にゴミを積んで、15分ほど走った場所まで週に2回。


ご近所さんとは仲良しなので、うちの草刈りをしてくれたり、野菜をくれたり、お付き合いには問題ない。


役所に聞いてみると、別に自治会に入ろうが入るまいが、近くのゴミ捨て場に捨てるのは自由なんだそうだ。


そもそも自治会などない地区もある。


もう廃止しちゃえばいいのに。






posted by ヤシオダ ラン at 10:38| 日記 | 更新情報をチェックする