2020年09月04日

晴美さん、今年で3度目の宅建試験を受ける

友人の晴美さん(63)は、今年で3回目の宅建試験チャレンジ。

試験日は来月の半ば。

もともと自分が興味を持ったのではなく、

不倫相手の彼が不動産関係の仕事で、その手伝いをする予定で取得を目指した。

晴美さんは離婚したが、彼は離婚はせず、

現在は以前ほど会う機会も少なくなった。

しかし、

なんとも、不純な動機。

ただ「恋のパワー」というのは強力だからすぐ受かるのかと思ったが、そう甘くはない。


さきほどのブログにも書いたが、この世は「フェア」である。


今現在の晴美さんの生活費のほとんどは元夫が補てんしている。


夫は彼の存在を知らない。

知ったら当然補てんなどしてくれないだろう。


元夫に生活費を出させ、

彼との未来のために取得する宅建資格。


受かろうって方が虫がいい。


腐った根っこに実はならないよ。


オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/


posted by ヤシオダ ラン at 22:36| 日記 | 更新情報をチェックする

この世はフェアである

若い頃は、

ズルいことをしようがいまいが、得した者が勝ち、と思ってた。

30歳で仏教に心酔し、

「穢れた(けがれた)行為」には必ず報いがあると思うようになった。

それはそれで、信仰が進むと「ご法度」が増え、窮屈になった。

がんじがらめの信仰から抜け出すことにした。

人間は基本もっと自由であるべき、と思ったからだ。

自由なのと、何でもやっていい、のとは違う。

親や先祖に顔向けできないような悪事はしてはならない。

誰も見てないからいいだろう、とか

そういう「ごまかし」はきかない。

必ずその「しっぺ返し」があると知ったのだ。


信仰の縛りは関係なく、

この世は

すごく「フェア」だったのだ。

まさにちゃんと「自業自得」

情けは人のためならず。

優しい人がちゃんと幸せになれるし、

意地悪で自己チューな奴は

ちゃんとその結果が出るんだ。

それを見てきて、

すごくスッキリしてるんだ。

何かされてもモヤモヤしない。
posted by ヤシオダ ラン at 22:19| 日記 | 更新情報をチェックする

今年は、ゴルファーの救急搬送が少ないわけ

毎年、真夏はゴルファーが軒並み熱中症で救急搬送される。

今年はそれがすごく少ない。

こんな猛暑なのに、なぜか。

搬送される前に、途中棄権しているからだ。

最後まで頑張らず、

「あ、まずいかも」と思った時点でやめ、マスター室に電話しお迎えに来てもらってるのだ。

大事に至ってない、というだけ。

だから途中で上がる客の数はものすごく多かった。


熱中症の危険さ熟知されたことで、みんな無茶をしなくなった。

これはいいことだ。

救急隊の方の手を煩わせずに済む。

たかが遊びで。


しかし、

元気な子供でも外でバタバタ倒れてるのに、

中高年が炎天下で生き残れるわけないじゃんね。


アホか。



posted by ヤシオダ ラン at 18:22| 日記 | 更新情報をチェックする

台風頭痛

台風が近づくと「頭痛」も一緒にやってくる。

体調が万全なら大丈夫なのだが、

ここ数日、

夜が暑いし、でもエアコン不快だし、と睡眠不足が続いた。

睡眠不足はてきめん。

けれど、

今の時期は頭痛がすると熱中症か、と間違えてしまう。


エアコンが嫌いな老人が多いというが、

わかる気がする。

ちょうどいい温度がキープできない。

少し冷やしたいだけなのに、

その「少し」ってのが調節できない。

まるで「棺桶のドライアイス状態」


そりゃ老人も毛嫌いするわけだ。
posted by ヤシオダ ラン at 18:07| 日記 | 更新情報をチェックする