2020年08月03日

石田純一、逆ギレ

退院以来、仕事がなくなった石田純一。

誹謗の嵐に逆ギレ。


あの人さ、いい人そうに見えるけど、肝心なとこで逆ギレするよね。

「不倫は文化」騒動の時も、リポーターに対して、逆ギレしたっけ。

自分の不倫を棚に上げて、

「不倫のような恋愛模様が、文化を作ってきたんだ!!」みたいなこと言って。

失楽園みたいな作品のこと言ってんのかもしれないが、

お前が言っちゃダメなんだよな。


今回も「俺にも生きる権利がある!!」と主張。


そういうとこがますます嫌われちゃうんだよ。


ひたすら謝っときゃ「人の噂も七十五日」


じきに復帰できたのにさ。


今回はもう無理かもね。










posted by ヤシオダ ラン at 18:37| 日記 | 更新情報をチェックする

学費は風俗で

家計に余裕がないのに大学に行かせる必要があるのか。

親に負担をかけまいと風俗で足りない分を補う大学生。


娘にそんなことをさせてまで大学は大事か?

もちろん親は風俗のことなど知らない。


潤沢に子供に資金を提供できてないなら、その心配があるってことを少しは考えたほうがいい。

風俗の世界に1度堕ちたら、復活は難しい。

たとえ無事に大学卒業できても、

社会人になってまた風俗で小遣い稼ぎをする。


それが身についてしまうのだ。


現代のほとんどの家庭は

子供を大学に行かせる余裕はないはずだ。

本当のパパが貧困だから、

金持ちのパパを探しにかかる。


「大学はお金持ちが行くところ」

って

ちゃんと誰かが言ってあげないと!!

え?

大学生の風俗嬢が抱きたいから余計なこと言うなって?

あ、そ。



posted by ヤシオダ ラン at 12:20| 日記 | 更新情報をチェックする

パラ陸上の伴走者

何度見ても感動するのが、パラ陸上の伴走者だ。

長距離も短距離も伴走してくれる人がいる。


彼らの究極の思いやり。

そしてそれを信じる選手。

あの姿を見て泣かずにはいられない。

NHKで武井壮がパラ競技に挑戦する番組がある。


すごく面白いし、意義のある内容だ。

身体に障害があるとどれだけ大変かをそのまま伝えてくれる。


五体満足なだけで十分幸せだということを改めて思い出す。


パラ選手たちには東京オリンピック出させてあげたい。

posted by ヤシオダ ラン at 11:50| 日記 | 更新情報をチェックする