2020年06月28日

高望みできてるうちが華

それは高望みってもんだよ。

そんな風に人に言われたことがあるだろうか?

高い望みが持てるということは、その人の自己イメージの高さを示す。

すごいブサイクなのに、美女や美男と付き合いたがる、とか。

なんの根拠も知識もないのに社長になりたがる、とか。

私はそれでいいと思う。


誰かに「無理だよ」と言われて、おとなしく引き下がり、

ダメダメの人生に落ちていくなんてつまらない。

何しろ、

50を過ぎると、

周囲に「高望み」をする人がどこにも見当たらなくなるんだ。


勝手に「身の丈に合った」とこに落ち着く。

そりゃあ、認知症にもなるっての。
posted by ヤシオダラン at 18:42| 日記 | 更新情報をチェックする

「ホワイトニング」表現廃止

ロレアルが「ホワイトニング」という表現を廃止するという。

黒人差別につながるからとのこと。

たしかに・・。

全然気にしたことなかったけど、そうだよね。

「白い」ことが美しいってことになっちゃうもんね。

「美白」とか黒人にとっては失礼の極みだよな。

だったら日本でも大手化粧品メーカーはみんなやめちゃえばいい。

だいだい、美白ブームが加熱し過ぎたんだよ。

女の色白度合いなんて、男性は見ちゃいないよ。

造りが美しいかどうか、しか興味なし。

人は「生きざま」が美しければそれで良し!!
posted by ヤシオダラン at 13:15| 日記 | 更新情報をチェックする

ゴルフ場のコース作業員

ゴルフ業界での仕事が長いので、ゴルフネタばかりで恐縮ですが、

あの広いコースを管理するには、

リーダーとなる「グリーンキーパー」がいて、その下に作業員が10人前後いる。

キーパーの采配次第でコース整備が決まる。

なので、

名門で美しいコースほどキーパーが威張っている。

整備にはお金がかかるから、

貧乏コースにどれだけ腕のいいキーパーがいようとも、たいして綺麗にはできないのだが。

作業は数人で行うこともあるが、たいてい一人で行動するので、人とのコミュニケーションが苦手な人が多い。

給料は安いが、人嫌いにはちょうどいいのかもしれない。

そうはいっても

やりたくてこの仕事を選んだ人はいないだろう。

ましてや、子供のころから憧れて・・・なんて絶対にない。


では、なぜやっているのか。

人との接触が少ない。

帰宅時間が早い。

近くにゴルフ場があったから。

求人を見て。


など、理由はいろいろだろう。


毎日、朝早く出勤し、

リッチなメンバーらのために草を刈り、

誰に褒められることもなく仕事する。


それでいいなら、いいけど。


なんだかね。















posted by ヤシオダラン at 12:34| 日記 | 更新情報をチェックする