2020年06月13日

我が家の高齢ネコの車酔い

うちの21歳になるメス猫は、車酔いがひどい。

なので、病院に連れていくのに躊躇する。

たしかに具合が悪いから連れて行きたいのだが、

行けばもっと悪くなる。

わずか7分ほどの距離なのに、車に乗るなりヨダレの洪水。

呼吸も荒くなり、口呼吸になる。

それが可哀想で。

なので、よほどピンチの時にだけ行く。

痛がるとか、

ご飯を食べないとか。


今回は頬が腫れてしまった。

ヨダレまみれになりながらの病院。

たぶん歯周病。

抗生物質を投与。

翌日、腫れはひいたが、頬に穴が開いたような傷ができ始めた。

心配になったが、

食欲はあるし、痛がらないので当人は家に置き、

傷を写メに取り、先生に見せることにした。

しばらく塗り薬で様子を見ることに。


傷は全然良くならない。

先生に直接見てもらいたいが、

車酔いのほうが本人にはつらい。

往診をしてくれる病院でもあればいいのだけど・・・。


動物を飼うということは、

楽しいこと80パーセント、

そして20パーセントは病気の心配。


「痛み」や「つらさ」がないなら

最低限、家にいさせてやる方針。


なんとか自己治癒力で治っておくれ。


posted by ヤシオダラン at 22:17| 日記 | 更新情報をチェックする

シニアバイト同士の陰口

人は年齢を重ねれば人生を達観し、仏に近づくものかと思っていた。

しかし、

まったくそうではなかった。

1度ゆがんだ性格が治るはずがない。

ある職場で72歳の男性が2人バイトをしていた。

Aさんは、三井だか三菱だか大手の会社にいて、

BさんはNTT出身とか。

前職がなんだろうと、今は時給950円。

ただの「おじいさん」だ。

お互いのテリトリーを奪い合うほどの場所でもない。

ところがAさんは、自分が「大手にいた」というプライドからか、

自分が一番出ないないと気が済まない。

しょっちゅうBさんの陰口を言い、おとしめようと画策する。

Bさんも、すんなりおとなしくもしていない。

いっぱしのサラリーマンを長年やってきたシニアは

自尊心がガッチッガチに固まってて、すごく厄介。

仏になるどころか修羅の道へとまっしぐら。

でもさ、

最後にたどりつく仕事は何にするか、

若いときから決めとくべきだね。

もし、

しょぼいバイトでもいい、と思うなら

プライドも一緒に定年退職してきてほしいね。


プライドを保ちたいなら、

それなりの仕事を手にしておくことだ。


しょぼいバイトなくせに、

同僚の陰口言ってるジジイ、

いちばんカッコ悪い。

オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/










posted by ヤシオダラン at 09:36| 日記 | 更新情報をチェックする