2020年05月20日

埼玉の感染者数はゼロじゃないよ

感染者数の発表はいい加減なものだ。

埼玉の昨日の感染者数がゼロとか言ってるし。

埼玉のホームページ見ればしっかり増えてるし。

ここのところずっと昨日のデータは追加されてない。

感染者がいないのではなく、

検査結果が出てないってだけ。

連休中は、都内に出稼ぎに行く人が少ないのだから、ここ1週間、数が少ないのは当たり前。

7日からせっせとまた出勤してるんだからコロナを持ち帰る。

もう営業を始めてるキャバクラもあるっていうし、

明日から感染者が急増するのは目に見えている。


神奈川が足を引っ張ってるって?

いえいえ、

埼玉も同じく引っ張りますので、お気になさらず。







posted by ヤシオダラン at 13:34| 日記 | 更新情報をチェックする

「家政婦の私」が見たキャバ王の落ちぶれ

40歳の時、家政婦をしたことがある。

あるキャバクラのオーナーの家。

豪邸だった。

部屋数は7部屋。

浴室は3つ。

チワワが4匹。

一部屋は犬専用。

だだっ広い玄関。


掃除には1日かかった。

時給は1000円。

13年前だから、当時にしては時給が良かった。

オーナーは50歳ぐらい。

奥さんは28歳。

超美人。

スポーツタイプのベンツに乗ってた。

家族は4人。

奥さんはつまらない女だし、

客は来ないし、

姑は変人だし、

オーナーは根暗だし、

オーナーの連れ子(20歳 女)は頭悪いギャルだし、

ただ掃除するばかりの毎日は退屈だった。

初めは豪邸探索が珍しかったが、すぐに飽きた。

お金持ちの家なのに、

なんともえいない殺伐とした雰囲気が漂っていた。

金持ち特有の、片づけられすぎた部屋のせいなのか。

余分なものが一切外に出ていない。

ぜ~~~んぶ、しまわれているのだ。

あまりにもつまらない仕事過ぎて、2ヵ月ほどで辞めた。

ちなみに家政婦はもう1人雇っていた。

その人からの情報によると、

オーナー夫婦には子供が生まれたが離婚。

乳飲み子を抱えて奥さんは家を出た。

姑も亡くなり、

オーナーのキャバクラも閉店。

豪邸は売りに出されたそうだ。


私が辞めてわずか1年後にはすべて消えてなくなった。


愛のないところは栄えない。































posted by ヤシオダラン at 12:47| 日記 | 更新情報をチェックする

23年間、ずっとアルバイト

30歳でリストラされたとき、たしか貯金は600万ぐらいあった。

でも1年で使い果たした。

そこからは自力でひたすら稼ぐのみ。

パトロンもいない。

親の財産もない。

それどころか、たまに親には援助していた。

社員で働いた時期もない。

23年間、ずっとアルバイト。

でも、

サラ金や友人に借りたことは1度もない。

お金に困ったこともない。

カネが無ければ働けばいい。


足りなければダブル、トリプルワーク。

早朝から深夜までやった。

子供はいないが、つねに4匹以上の犬猫がいる。

いちおう扶養家族あり。

途中10年ほど結婚してたが、

夫は安月給だったから、

共働きは必須。

離婚して3年、

バイトばっかしてた私が起業した。

社員になってしまうと

「魂を抜かれてしまう」気がした。

そこで終わり。

それがイヤだったんだ。

オフィス ヤシオダ ホームページ
   https://www.yashiodaran.com/














posted by ヤシオダラン at 12:19| 日記 | 更新情報をチェックする