2020年02月03日

どんな辞め方でも給料はもらえます

どんなに不誠実な辞め方をしようとも、会社は給料を支払う義務がある。

以前、個人でやってる定食屋に勤めたとき。

店主が宗教の勧誘をしてきて、それを断ったら態度が急変し、いじめられるようになった。

即辞めるとことにしたが、

アル中でヤバい店主だったので、恐ろしくて、

置手紙で辞めた。

腹を立てた店主は給料の支払いを拒否してきた。

私は、労働基準監督署に行って事情を話した。

職員の人が丁寧に話を聞いてくれ、店主に「支払い命令」の電話を入れてくれた。

ひとつだけ条件として、

本人が直接取りに来い、とのこと。

これだけは言うことを聞くしかない、と監督署に言われ、

意を決して行った。

鬼の形相で店主にさんざん嫌味を言われたが、

ちゃんと謝って給料を手にした。

ああ・・・

あの時も

誰か一緒に来てくれないかな~・・・と

心底思ったものだ。


だからこそ、

私はこの仕事を始めることにした。


退職の付き添いサポート業。



給料が振り込みの会社なら全く問題なく振り込まれる。

いかなる退職であろうともね。

そういう法律だから。

posted by ヤシオダラン at 21:15| 日記 | 更新情報をチェックする

バカな女が多くて良かったね

シングルマザーの交際相手が子供を虐待するケースが頻発している。

我が子よりオトコを優先する母親。

情けないが、きっと減ることはないだろう。

ワリカンだろうが、共働きだろうが、ぞんざいな扱いを受けようが、

「オトコ」なら誰でもいい。

そんな安い女が増えました。

おかげで男たちはカンタンに女が手に入る。

いい車も、ブランド物のプレゼントもいらない。

ダメ人間にも彼女ができる。




posted by ヤシオダラン at 12:13| 日記 | 更新情報をチェックする